東京神楽坂「ブラッスリー・グー」。1200円のコスパ最強田舎フレンチランチ

東京神楽坂「ブラッスリー・グー」。1200円のコスパ最強田舎フレンチランチ

【店名】
ブラッスリー・グー (Brasserie Gus)

【所在地】
東京都新宿区矢来町

【性別】女性
【年齢】
41歳
【職業】
主婦


【お店を知ったきっかけ】
この近くで働いていたことがあり、ランチ難民でブラブラしているときに見つけました。
人気店なので、混んでいる時もありきになる店でした。

【誰と行ったか】
最初は一人で行きました。




【お店の雰囲気】
住所は矢来町ですが、牛込神楽坂です。
神楽坂は昔からフレンチの名店が多い場所らしいです。
外観は古い洋食店のようで、席数も少なめです。
店員さんも2人くらい体制で忙しそう。
店主はおそらくシェフですが、人気店なので厨房に篭りきりで、印象はありません。
たまにふらっと寄ると空いていることがありますが、並んでいる事が多いです。

【注文したもの】
ランチのテリーヌ。
というかランチ全般。




【感想】
ランチしか行った事ないのですが、前菜とメインが複数選べ+パンがついて、1200円という価格にびっくりしました。
その中でもテリーヌはいつも定番で入っていた気がします。
お肉のテリーヌで、周りに野菜が彩られておりフレンチドレッシングがかかっていました。
テリーヌは大好きで、よく食べるのですが味と価格はここが一番好きです。
語彙が少なくてアレなのですが、すごくいい高級なハムみたいで、少しスパイシーで付け合わせのマスタードともよく合います。
量もフレンチだから少量というわけでなく、メインと合わせればお腹いっぱいになる量です。
他のメニューも田舎フレンチという感じで、店内は内装も、赤のギンガムチェックのテーブルクロスでした。




【他のメニューやトッピングなど】
メインはトリッパのトマト煮を頼みました。
初めて食べたのですが、これも美味しかったです。
ワンランク高いコースにするとデザートがついてくると思います。
お酒、コーヒーも頼めますが私は注文しませんでした。
会社員だったので時間的な事が原因です




【エピソード】
駅や飲食店密集地から少し離れているので、ここがいっぱいだと他に行くのに時間がかかってしまうのですが、大きな仕事を終えた時はご褒美感覚でよく足を運びました。
最近では予約なしでは入れなくなってしまったようで、会社員のランチだとそこまではできないので、ちょっと残念です。
もうこの近くで働いてないのですが、ランチ終了ギリギリに入店して入るのは好きです。




【知人の評判】
同じくランチ難民の会社の先輩に、この店の話をした時、当然お店にもご存知で行った事があったのですが「あそこは美味しすぎるから、たまにしか行っちゃダメな店だ」と言っていました。
めちゃ頷きました。
私もそれからご褒美感覚で通ってました。




【他との比較】
コストパフォーマンスが非常に優れているところだと思います。
田舎フレンチは大好きで、婚活デートでいろんなところに行ったのですが、あそこ以上に美味しくてコストパフォーマンスが良くて美味しかったところはなかったです。
そして、婚活デートではブラッスリー・グーには行かないと決めてました。
他の人と行かれてさらに混んだら嫌なので。




【価格と満足度】
ランチはメニューAが1200円。
ランチはメニューBが2600円。
私は色々選べてデザートがないメニューAの満足度が高いと思います。




【期待すること】
要望は特にないです。
コロナになってから行ってないのですが、頑張ってくださいとしか言えません。
もちろんいつまでもお店が継続して欲しいと思っています。
店内でお店をさばいているおそらく奥さんは、忙しくなってくると、ちょっとテンパるというか怖いのですが、それでさえも「忙しそうだもんね。
まあ、いいか」
と思っていました。



田舎フレンチだったら、とっておきのお店があるよ。
ランチに行くのがおすすめで、私の大好きなお店なんだ。
小さいお店だから予約して行った方がいいけど、気軽に楽しめるし、肩肘を張らない気軽な店だよ。
神楽坂で働いていたけど、私の中ではここが神楽坂のナンバーワンのフレンチレストランなので、ぜひ一度行ってみて欲しいな。

ブラッスリー・グー (Brasserie Gus)
東京都新宿区矢来町
女性・41歳・主婦
東京神楽坂「ブラッスリー・グー」。1200円のコスパ最強田舎フレンチランチ