佐賀県武雄市「乃だや」で静かな隠れ家フレンチを食べたら、忘れられないグルメ体験になった。

佐賀県武雄市「乃だや」で静かな隠れ家フレンチを食べたら、忘れられないグルメ体験になった。

【店名】
乃だや
【所在地】
佐賀県武雄市朝日町

【性別】女性
【年齢】44歳
【職業】主婦


【お店を知ったきっかけ】
知人が懇意にしているお店で、紹介してい頂いた上に、おのお店にご招待して頂いたことがきっかけで知りました。

【誰と行ったか】
知人ご夫妻と家族で行きました。




【お店の雰囲気】
閑静な住宅街の中に静かにたたずむ、立派な日本家屋の古民家です。
その中の一室をフルでリノベーションして完全に洋風の空間にして、完全予約制のフレンチレストランにされています。
給仕をしてくださる従業員の方も、きさくで優しく、あまり緊張せずに食事が楽しめます。
大きなテーブルが一つだけ、広すぎない空間に配置されていて、最大で15名くらいは座れるかなと思います。

【注文したもの】
牛フィレのソテー 赤ワインソース 




【感想】
滋味あふれる赤ワインソースは、ほんの少し酸味を感じるお味で、お肉の脂をすっきりとさせてくれる。
やわらかな牛肉はナイフ無でも切れるほど柔らかく、旨味の中に甘味を感じる上品な美味しさ。
お肉の下に敷かれた、自家栽培のほうれん草はみずみずしくシャキッとして食感に変化を与えてくれる。
さらに下には、クリーミーで絶妙な塩加減のマッシュポテトが敷かれてあり、お肉と一緒に食べると最高に美味しい。
赤ワインソースと色合いがマッチした、繊細な年輪のようなたくさんの線が入ったお皿は美しく、手を添えると丁度良くお皿も温められている。
量は丁度良く、美味しくてもう少し食べたいかなあと思うくらいで、お腹にはジャストな量と満足感。




【他のメニューやトッピングなど】
基本的に完全予約制で、コースメニューしか無いようだった。
招待して頂いた立場だったので、メニューを見たり選ぶことはできなかった。
デザートは洋ナシのコンポート・バニラアイス添えで、あたたかなコンポートに、自家製の濃厚なバニラアイスが乗っていてとても美味しかった。




【エピソード】
素敵なお店と料理の数々に、敷居が高くてやや緊張したが、給仕をしてくださるベテランと思しき女性が、気さくに料理の説明や、飲み物のフォローなどをして下さって、緊張せずに食事を楽しめた。
合間に出してくれる焼きたてのパンが美味しくて、夢中で食べていたら、給仕の女性が「これ、良かったら持って帰って」と、パンを包んで持たせてくれた。
私達はその日の最後の予約客だったらしく、オーナーさんからの心遣いだったようで、嬉しかった。




【知人の評判】
地域でも有名な老舗なので、たいていの人は知っているお店。
普段の食事で気軽に利用できるような価格帯のお店ではないため、特別な日に利用したり、誰かをおもてなしする際に利用するところ、と言ったイメージだろう。
味と接客には定評がある地元の名店と言う定評があると思う。




【他との比較】
食材や調理法、季節ごとのバリエーションは勿論、食器にもこだわりと華やかさがあり、まさに器は料理の一部なんだと実感させられる見事なテーブル演出。
地産地消も意識されていて、地元の野菜を中心に、旬のもの、地元を食材が豊富に取り入れられている。
完全予約制の個室なので、周りを気にすることなく、ゆったりとした時間と空間で美味しい料理を楽しめるので、ファミレスなどとは比ぶべくも無い。




【価格と満足度】
御馳走して頂いたのではっきりはわからないが、聞くところによると8000円くらいとか。
価格と満足度がきちんとマッチするのではと思う。
と言うより、むしろ安いのでは、と思う。




【期待すること】
要望することなどは特に思い浮かばないけれど、強いて言うならば、せっかく素敵な雰囲気の空間なので、給仕係りの方に素敵な制服を作れば良いのでは、と思った。
女性が、自分で用意したかのようなエプロンをしていたので。
決して清潔感が無い訳ではなかったけど、ちょっと雰囲気とそぐわなくて、もったいないなと感じた。
カッコ良くて、シンプルな制服があるとさらに良い空間の演出になると思う。



静かな個室で、美味しい料理を食べながらゆったりと、周りを気にせずに会話を楽しめる贅沢空間です。
前菜から始まり、デザートで終わるまで、ずっと幸せな時間が続くので、ご褒美として、非日常を味わうには持ってこいの素晴らしいお店。
一度は行ってみる価値がある、小さな田舎町にひっそりとたたずむ、隠れ家(隠し部屋)的な場所。

乃だや
佐賀県武雄市朝日町
女性・44歳・主婦
佐賀県武雄市「乃だや」で静かな隠れ家フレンチを食べたら、忘れられないグルメ体験になった。