東京都八王子市「ビストロ ボンクール」で鴨とソーセージのカスレを初体験。初めての味に感動!

東京都八王子市「ビストロ ボンクール」で鴨とソーセージのカスレを初体験。初めての味に感動!

【店名】
ビストロ ボンクール(Bistrot Bon Coeur)
【所在地】
東京都八王子市

【性別】女性
【年齢】33歳
【職業】会社役員


【お店を知ったきっかけ】
いつもと違う、ちょっといいおいしいものを食べたい!と思い、ネットで検索して、口コミ評価がよかったため、利用しました。

【誰と行ったか】
会社の先輩




【お店の雰囲気】
八王子駅から歩いてすぐで、繁華街からはちょっと外れた通りにありました。
外見はカジュアルなカフェ風。
店内は4人掛けのテーブルが5〜6ほどの小さなお店で、インテリアは、フランスの町中の家庭的なレストランという感じ。
店員さんもとても親切で、料理の説明がわかりやすく、好感がもてました。
私の行ったときは、平日だったこともあって、ほかのお客さんはいなく、おちついて料理を堪能できました。

【注文したもの】
カスレ〈鴨、ソーセージ、白いんげん豆のオーブン焼き)




【感想】
まず、カスレという料理を知らなかったのですが、フランスの伝統的な家庭料理で豆のグラタンのようなものという説明を聞いて食べてみることに。
出てきた料理は、今オーブンから出したばかりという印象で、とても熱そうでした。
見た目はとてもシンプルなグラタンのように見えましたが、中には大きなソーセージや鴨肉がごろっと入っていました。
熱くて熱くてなかなか食べれませんでしたが、ソーセージと鴨のおいしさには大変驚きました。
そして、肉汁と白いんげんのマッシュの相性の良さに、あっという間に食べてしまいました。
ほかにもアラカルトで別の料理をつまんだと思いますが、そのカスレの記憶だけがとても鮮明に覚えています。
カスレの量はそこまで多い感じはしませんでしたが、豆料理だったこともあって、満足感がありました。




【他のメニューやトッピングなど】
同伴者が頼んだ仔羊のローストもすこしいただきました。
これもおいしかったです。
スパークリングワインと料理に合ったお薦め赤ワインもいただきました。
ワインの銘柄は失念しましたが、とてもおいしかったです。
メニューに豚肉のパテもあって、できればそれも食べたかったです。




【エピソード】
仕事の成功を祝って、一緒にプロジェクトを担当していた先輩と一緒に行きました。
お互い、おいしいものに目がないので、どんな料理がでてきても「おいしい!おいしい
!」
とひたすら感動していました。
お店の雰囲気もよく、まるで本当のフランスの料理屋さんで食事をしているような錯覚になる時がありまりました。
スタッフの方も優しく、大変素敵な時間を過ごせました。




【知人の評判】
一緒に行った先輩もとても満足したと言っていました。
フランスの料理は初めて食べたけれど、思った以上においしかったとも言っていました。
普段から行けるようなお店ではないが、贅沢したいときにまた来たいとも言っていました。




【他との比較】
フランスの家庭料理、ビストロという雰囲気のお店でしたが、料理の技術はとても高いように思えました。
そういった面で、コストパフォーマンスはとても良いと思います。
素材一つ一つの味がしっかりとわかって、かつ丹念に調理されている印象です。
それでいて、料理をした人の人柄や思いが伝わるような、優しい料理の数々だったと思います。




【価格と満足度】
居酒屋やファミレスなどに比べれば、もちろん多少料金は高くなりましたが、本格的なフランス料理を食べれるならお手頃価格だったと思います。




【期待すること】
新型コロナウイルスで、飲食業界が大変な中、お店を継続することは大変だと思いますが、私にとってとても思い出のあるお店なので、ぜひともいつまでもお店を続けていてほしいです。
あまり不満だった点はありませんが、強いて言えば入口がレンガ造りで暗くわかりにくくて入りにくかったので、明るくわかりやすくしてほしいと思います。



自分のフランス料理のイメージを覆すお店でした。
お店のインテリアの雰囲気でも非日常を感じられ、その中でいつもとはひと味違う本格的なフランス家庭料理が食べられました。
絶対に自宅では再現できないような料理が味わえます。
また、お店のスタッフの方の対応もとても丁寧で親切でアットホームな感じがとてもよかったです。

ビストロ ボンクール(Bistrot Bon Coeur)
東京都八王子市
女性・33歳・会社役員
東京都八王子市「ビストロ ボンクール」で鴨とソーセージのカスレを初体験。初めての味に感動!