大阪市「La bell vie(ラベルヴィ)」はフレンチを語るなら絶対に行くべき!

大阪市「La bell vie(ラベルヴィ)」はフレンチを語るなら絶対に行くべき!

【店名】
La bell vie(ラベルヴィ)

【所在地】
大阪府大阪市西区新町

【性別】女性
【年齢】
33歳
【職業】
自営業


【お店を知ったきっかけ】
オーナーともともと知り合いで「自分の店を出すからぜひ来てください」とご招待を受けたので入店しました。

【誰と行ったか】
家族全員と友人




【お店の雰囲気】
地下鉄長堀鶴見緑地線「西大橋」駅からライフ(スーパー)に向かって、ゆっくり歩いて10分くらいで着きました。
外観からしていかにもフレンチといった重厚感もありつつ、どこかカジュアルな部分もあるので入店しやすい店構えだと思います。
店内もお洒落で眺めてるだけで贅沢な気分が味わえます。
店主は明るくて真面目な人なので気兼ねなく話せます。

【注文したもの】
牛0・のワイン煮 ショートコース




【感想】
コースの種類を選べる本格フレンチですが、日本人でも馴染みのある食材で構成されているので、気楽に選ぶことができます。
私は他店の1人前分を食べきれないことが多いので、1番少ないショートコースにしました。
スープにサラダにパンとメインですが、思わずデザートも追加で頼もうかな、と思うほど美味しくペロリと食べてしまいました。
メインは牛0・のワイン煮を選んだのですが、ほろっと崩れるほど柔らかいのに、程よい噛み締め感は残っていて、シェフの技量が高いことがわかります。
付け合わせのマッシュポテトが今まで食べたマッシュポテトの中で1番美味しくて、思わず持って帰りたい!と心の中で叫びました。
お皿に筋も残らないほどパンにつけて食べました。




【他のメニューやトッピングなど】
卓上調味料はなく、料理に合わせてその都度持ってきてくれます。
もし置いておいて欲しい場合は定員さんに頼めば置いてくれます。
次の楽しみのためにデザートを追加せずに、今度は絶対フルコースを食べるぞ!と思って帰宅しました。




【エピソード】
家族と友人と入店したのですが、最初は和気藹々と話していたのがメインに近づくにつれて、みんな無言になって行きました。
食事が終わってから、シェフが「何かお気に召さないものがありましたか?」と不安そうに聞くほど静かだったので、他のお客さんや店員さんも見守ってるようでした。
「っごく、美味しい0っ!!」とみんなが言うとシェフも周囲の人もホッとしたようでした。




【知人の評判】
「もう最高!」「口の中の余韻が消えてほしくない!」しか言ってないんじゃないかと思うくらい帰宅時までずっと言っていました。
「この余韻で白米5杯(どんぶり)いける」と真顔で言っていたので、相当美味しかったようです。




【他との比較】
他店と比べるのも烏滸がましいと思うほどの完成度の高さでした。
レストラン特有の上品で繊細な味付けや盛り付けでもありますが、家庭の味を彷彿とさせるので何度でも何回でも食べたくなる味でもあります。
ファミレスと比べるなんて論外です。
味のクセやくどさのない料理をファミレスで提供できるようになってから、再度比べるかチャレンジして欲しいものです。




【価格と満足度】
フレンチのコースなので、某チェーン牛丼店のようにワンコインでというわけには、いかないのですが、価格は現在の倍でもおかしくはないと思いました。




【期待すること】
清潔感は店外・店内・お手洗い全てがパーフェクトですし、料理の分量は味とのバランスを考えて作っておられるのがわかるので変えないで良いと思います。
価格も今より下げては継続できないでしょうしそもそもが安すぎるくらいです。
お店にはずーと続けて欲しいと思うので、このまま維持できるようにしてもらえると嬉しいですね。



すでに(一緒には言ってない)友人に自慢した後です。
「最高のフレンチをリーズナブルな価格で楽しめるよ!行きたいと思ったら是非言ってね!すぐに予約を入れるからね」と言いました。
そして「もちろん自分で予約してくれても大丈夫だから」と言ってお店の名前・住所・電話番号・地図の書いた紙を渡して布教しています(笑)

La bell vie(ラベルヴィ)
大阪府大阪市西区新町
女性・33歳・自営業
大阪市「La bell vie(ラベルヴィ)」はフレンチを語るなら絶対に行くべき!